⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2018年02月22日

アッパーを打ってみよう。

アッパーとは、下から突き上げるように打つパンチです。

右構えのボクサーを例に上げて練習しますね。

まずは、右アッパーから練習しましょう。

構えた位置から、右下に体を傾けて左足を内側に曲げて
右足に重心を置くようにします。

この時に、左足のつま先を内側に立てるのがポイントとなります。

そして、そこから腰を戻す感じで下からパンチを突き上げる感じです。

この時も、肘をあげず脇を絞って打つことが大事だ。

アッパーが相手に当たる時は、右の足はつま先を立てて
これも蹴る感じで打ちます。

左アッパーは、その逆で

まずは、構えた位置から左足に重心を置き右はつま先を立てる感じ。

そこから、今度は右足に重心を乗せて左の拳を下から上に突き上げます。

いずれも、あごの先端にパンチが当たるように打ちます。

右アッパーも左アッパーも、腰の回転と足の蹴りが大事になってきますので
ここに気をつけるのがポイントです。
ラベル:アッパー

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 10:23 | Comment(0) | ボクシングの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: