⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2018年03月05日

プロテストに受からなかった理由

自分は、プロテストに受からなかった。

何故、受からなかったなのか?

それは、基礎ができていなかったのとスパーリング不足だ。

その当時は、ジャブは死ぬほど練習したが、その他のパンチは
教えてもらえないままだった。

防御も、教えてもらえないままプロテストを受けた。

そして、高校生の時から痛めていた首のせいでスパーリングも
あまりできないままでプロテストを受けた。

すべてができていなかった。

おまけに、相手はアマ出身の選手で試合慣れしていたことも原因だった。

当然、こんなことではプロテストには受からないでしょう。

勝てるはずがないんです。

プロテストに受からなかったからわかることは多い。

あなたが、今からプロテストを受けようと思うなら、ボクシングの基礎を
みっちり練習して下さい。

あらゆるパンチのすべてを一通りは練習しておきましょう。

そして、防御の基礎も学んで挑みましょう。

毎日、ロードワークをして、スパーリングもしっかりやる事です。

昔よりも、今の方がボクシングのレベルは確実に上がっています。

しっかりとトレーナーにボクシングを学び勝つ自信がついてから
プロテストを受けることをお勧めします。

独自で、僕がお勧めしている前田宏行のボクシングDVDを見て
新たな練習法を取り入れるのもいいと思いますよ。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 22:20 | Comment(0) | ボクシングの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: