⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2018年03月26日

ミット打ちのコツ

プロボクサーのミット打ちを見ているとスピードがありきれいし
音がいい。

どうしたら、あんな風にかっこよくミットが打てるのだろう。

初心者ボクサーの方は、そう思うことでしょう。

そこで、ミット打ちを上手く打つコツをお話ししましょう。

まずは、ミット打ちは一人でやるものではないので、トレーナーとの
息とというのが大事になってきます。

トレーナーでも、非常に打ちにくいミットの持ち方をする人もいるので気をつけて下さい。

それは、とりあえず置いといて

まずは、力を抜いて構えます。

そして、力まずにジャブから打ってみて下さい。

その後トレーナーの指示通りにうつこと。

ミットを打つときに、力強く打とうと思い過ぎて力が入ると
すぐにバテテしまうし、ミットの中心部に上手く当たらず
いい音もしなくなります。

ミットの中心を打っていないと、体が流れるし次のパンチが上手く打てなくなる。

がむしゃらに打つだけではなく、スピードと的をしっかり意識して打つことだ。

絶対にすべてのパンチを思いっきり打とうと思わないことだ。

コンビネーションの最後のパンチだけ力を込めて打つこと。

それを意識して実践していけば、必ずミット打ちは上手くなります。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 13:10 | Comment(0) | ボクシングの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: