⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2019年10月07日

ボクシングの基本はワンツーだ。

ボクシングの基本は、やはりワンツーである。基本といえばジャブは絶対であるが
ジャブからのストレートはKOには必須である。

しかし、その打ち方をしっかりマスターしておかないと倒すことはできない。

ワンからツーへのつなぎの速さは非常に大事だ。ジャブで相手の懐に入りすぐさまストレート。

この時、腰のひねりと後ろの足のヒネリと蹴りが重要になる。

ジャブは、距離をはかったり相手の目くらましに使ったりして次のストレートを叩き込む。

距離が合わないと、しっかりKOはできないのでジャブで距離を測る練習をしておきましょう。

距離の練習は、ミット打ちでトレーナーに確認してもらいながら練習しましょう。

そして、サンドバッグを打つ時も、しっかりと距離を確認しながらワンツーを打って下さい。

このワンツーさえしっかり練習しておけば、プロテストにも合格できます。



◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 22:43 | Comment(0) | コンビネーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: