⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2019年10月11日

ジャブを上手く使い相手を翻弄する。

ジャブは、上手く使えば相手を自由に操ることが出来る。

あの井上尚弥がパヤノを倒したときの様に、左を上に下にどこに打つのかわからない。

そして、パヤノのスキを付き左を打ち込んだ、すぐさま右を打ち込みKOした。

ロマチェンコの場合はサウスポーで右ジャブを上手く使う。

ジャブで相手を惑わして、そして左ストレート、ボディと打ち分ける。

拳四朗もそうだ。ジャブをあらゆる角度から打ち込み次の攻撃へとつなげていく。

すべては、ジャブから始めるのである。

ジャブを上手く使えるボクサーは、きっと勝つはずだ。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 01:50 | Comment(0) | ジャブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: