⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2019年10月12日

ボクシングの基礎をしっかりしているとスキがなくなる。

ボクシングだけではなく、なんでも基礎ができているのは大切だ。

基礎ができているボクサーにはスキがないのである。

脇を閉めて、ガードがしっかりしていて防御も完璧だ。

パンチを打つ時も、脇が空かずにモーションも少ない。

基礎は非常に大事。あなたも毎日のように基礎を見直してほしい。

構えた時に、すでにスキがあるボクサーは全然ダメ。

構えた時には、打つところがないくらいの構え方をすることが大事。

このボクサー打つ場所ないな……そんなボクサーになることだ。

そして、打ち終わりには直ぐに動くこと。

打った後を狙われることは多い。

体の位置、頭の位置を変えたりすることもボクシングの基礎です。

しっかり基礎練習をしておきましょう。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 10:38 | Comment(0) | ボクシングの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: