⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2019年05月09日

ボクシングの基本のガードを忘れずに!

ボクシングは、まずは基本の構え方がある。

ガードをしっかりあげて、右利きなら
左のガードを高くして、前に出す。

この左拳を前に出すだけでも相手は戦いにくい。

左を前に出すことで、距離も測りやすいのである。

左拳をアゴのあたりに置いていると、相手との距離が遠くて
パンチを読まれてしまう。

右のグローブは、相手のジャブをしっかりパリングや
フックをブロックする。

急所をしっかりガードすることでKOされにくくなります。

あなたが打たれやすいなら、もう一度ガードを確認しよう。

何度も基礎に戻り練習することは大事である。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 18:59 | Comment(0) | 防御 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

ボクシングは攻撃よりも、まずは防御を覚えよう。

ボクサーにとって防御は非常に大事である。

ジムに行くと、だいたい最初は攻撃から教える。

だけど、攻撃だけではプロテストには受からない。

自分の攻撃力よりも相手の攻撃力が上だと
絶対に負けてしまう。

そんな時に防御法を知っていれば勝てる。

あなたもプロテストを受ける前に
防御の練習をしっかりとやっておいて下さい。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 22:34 | Comment(0) | 防御 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ボクシングのプロテストを受ける前に防御の練習をしっかりしておくこと

僕に現役時代はプロテスト前に、とにかく攻撃することしか教えてもらえなかった。

プロテストでは、アマチュア出身の相手が来たので一方的に攻められて止められた。

防御も知らない練習生が、アマチュアの選手と戦って、攻撃力でもなかなか勝てないですね。

せめて少しでも防御法を学んでいればよかったと思います。

プロテストを受けたいと思っているなら、しっかりと防御法も教えてもらってから
受けて下さい。

防御のやり方もわからずに、経験者と戦えば無残な結果になります。

プロを目指しているボクサーの方は、ジムが攻撃だけで勝てというなら
よほど弱い相手と当たらない限り勝てないしプロにもなれないです。

プロテストでは、相手を選ぶことができないので怖いですね。

相手も、どんなボクシングをするのかもわからない。

防御は大事です。プロテスト受ける前に、もう一度自分のボクシング見直して下さい。


ラベル:ボクシング 防御

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 21:40 | Comment(0) | 防御 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

防御の練習は、まずはパリングから始めよう。

ボクシングの防御方法の基礎にパリングというものがあります。

パリングとは、相手のジャブをはらうというものです。

どのようなやり方をすればいいのかといいますと、

まず、相手が左ジャブを打ってきます。

そのジャブを、右のグローブではらう感じです。

この時に、グローブの手首のあたりを軽くはらうだけで相手はバランスを崩してしまいます。

あまり、大きくはらいのけずに、少しだけポンと横からはらうだけでOKです。

自分も、練習生の時に他の練習生と息を合わせながら練習しました。

これも、うまくできれば相手はかなりバランスを崩してしまいますので
こちらも攻撃をしやすくなります。

このパリングは防御の基本的なものなのでじっくり練習して下さい。



◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 18:16 | Comment(0) | 防御 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする