⇒現在は、ボクシング上級者向けのブログも更新中

2019年02月18日

攻撃だけではなく防御も大事

初心者ボクサーだからといって攻撃だけの練習ではダメだ。

しっかりと防御の基礎も学んでおかないといけません。

攻撃だけだと、プロテストの時に喧嘩みたいになってしまう。

これでは、プロテストには受からない。

だから、防御を大事にしてほしいのである。



◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 12:59 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

ジャブだけは、絶対に負けない自信がある。

僕は、ジャブだけは誰にも負けないと思っている。

45歳の時に、20年ぶりくらいにジムに通ったときも

若い練習生相手でも、ジャブがバシバシ当たる。

これは、やはり若い頃ジャブの練習ばかりしていたからだ。

練習の殆どをジャブに費やしていた。

当てる方法を知っていると簡単に当たる。

あくまでも、練習生相手のスパーリングですけどね。

自分がジャブが得意になると、相手のジャブを避けるのも上手くなる。

これが自然とうまくなってくるんです。

ジャブがあたると、絶対に主導権を握ることができるのである。

あなたも、基本であるジャブをバンバン練習してみて下さい。

劇的にボクシングが変わりますよ。

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 09:29 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

パンチ力をつけるための筋トレは腕立て伏せと懸垂と鉄アレイ

自分は、パンチ力を鍛えるために何をしたかというと

毎日、腕立て伏せを500回と懸垂を50回した。

細かった2の腕はたくましくなり、完璧にパンチ力がついた。

そして、もう一つやったことは3キロくらいの鉄アレイを持ち

ロードワークとシャドーボクシングをした。

これは、非常に効いたな。

おかげで、いつも負けていた腕ずもうも誰にも負けなくなった。

スピードを落とさずにパンチ力がついたのでKOするくらい力がついた。





◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 21:57 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

拳は、こうやって鍛えた。

fire-and-water-2354583_640.jpg

ボクサーはよく拳を痛めるので、

当時は、拳を固くするために
無茶なことをやっていた。

その方法とは…

この方法はあまりおすすめは出来ませんが
まぁ聞いて下さい。

まずは、金づちを用意して下さい。

その金づちで右の拳を100回と左の拳100回
毎日叩いていました。

そして、家の木の柱を毎日拳で叩いていました。

その他、自分で作ったサンドバッグを
木にくくりつけて、パンチを打ちました。

サンドバッグといっても、布の中に砂を入れて
縫い、両端にひもをつけただけのものです。

これを木に結び付けてパンチを打つ。

これは結構、拳が痛いです。

これを毎日やっていたら、拳がほんまに固くなった。

あまりお勧めは出来ませんが、これが俺流です。
ラベル:拳を鍛える

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 23:05 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

ロードワークは毎日しました。

ボクサーに必要なロードワークは、僕は毎日しました。

ボクサーでなくてもスポーツ選手なら走ることは一番大事だ。

僕はジムワークは毎日行っていましたが、走ることも
毎日やっていた。

必ず朝の4時か5時くらいには走っていました。

距離は、だいたい10キロくらいですね。

走っているときに、ダッシュしたり横を向いて飛んだり
後ろ向きでダッシュしたりします。

ただ、だらだらと走っていてもあまり意味がないので
いろいろ変化をつけて走っていました。

ボクシングの試合では、ゆっくりと距離をとったり
ラッシュしたりすることを想定して走っていました。

ゆっくり走っていて急にダッシュをする。

こうやって緩急をつけて練習することは大事です。

58歳になる今でも、週に2日くらいだけど走っています。
今は健康のためですけどね。


ラベル:ロードワーク

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 08:31 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

左ジャブを上手く使うために左だけで生活してきた。

左ジャブを上手く使いたいという思いが強くて

現役当時、ご飯を食べるときも、字を書くときも、その他
生活のすべてを左手でやっていた。

これをずっと継続してやってきたのである。

そうすることで、自分の利き腕の右のように
左が使える様になったのです。

トレーナーも僕の左の器用さとかスピードには
驚いていました!

あなたも、利き腕と逆の方の手先を鍛えてみてはいかがでしょうか?

器用に使える様になればジャブに、いい影響を与えますよ。
ラベル:ジャブ

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 12:08 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分がやってきた練習法を公開(ジャブ編)

19歳の頃、サラリーマンをやっていた自分は

ボクシングをしたくて会社で話ししていたら

会社の先輩が、ボクシングジムに知りあいがいるというので
そこのジムを紹介してもらいました。

そこから、ボクシング人生が始まりました。

そして、まずはジャブからの練習が始まった。

毎日、毎日、ジャブの練習を鏡の前でやった。

1日に何発打ったのかわからないくらいジャブの練習をした。

その当時リングは、プロの選手が使っていたので
殆ど鏡の前の練習だった。

ジムにもトレーナーは2人しかいないので、あまり練習は
見てもらえなかった。

だから、とにかく地道にジャブの練習だけをしていた。

家に帰っても、つねにジャブを打った。

2人しかいないトレーナーは仲が悪かったので
やりにくかったのを覚えている。

これは、自分1人でも練習しないと強くなれないなと感じました。

1ヶ月くらいは、ジャブしか打てずに右ストレートなどは
教えてくれなかったように記憶している。

まぁそのおかげで左ジャブは、自分の武器となったのは間違いない。

ラベル:ジャブ

◆◆超初心者でこれからボクシングをしたいなら◆◆
元三階級王者「前田宏行」が教えるボクシング上達DVDプログラム



posted by ボクサー at 11:23 | Comment(0) | 自分がやった練習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする